群馬高専 環境都市工学科 > 令和元年度 環境都市工学科 体験授業

令和元年度 環境都市工学科 体験授業

令和元年度環境都市工学科の体験授業について案内をしています。※申込は終了

 

1.地盤災害を学ぶ (C1)

液状化、地盤沈下、崖崩れ、地すべり、土石流といった各種の地盤災害について、講義および実験により学習します。前述の各種の地盤災害について、発生原因・発生メカニズム・災害対策について学ぶことを目的とします。

日時:令和元年8月20日(火)9時~11時30分

 

2.ICT機器を使って陸上グランドを測量してみよう(C2)

ICT(情報通信技術)に利用されるGNSSを使った測量システムをPython言語で作成後、グランド周りの測量をおこない、計測方法による位置精度の違いを体験する授業です。

日時:令和元年8月20日(火)9時~16時 ※12時~13時は休憩

 

3.最強のペーパーブリッジを作ってみよう (C3)

厚紙で長さ40cmの橋を作成します。デザイン、設計から作成まで各自で行い、完成した橋がどれだけの重さに耐えられるか実験で競争します。紙でできた橋が想像を超える重さに耐えられることに、きっと驚くと思います。

paper bridge 1

bridge 2

日時:令和元年8月21日(水)9時~16時 ※12時~13時は休憩

 

4.“きれいな水”ってなんだろう?-水の浄化方法と水質検査方法を学ぶ- (C4)

きれいな水とはどのようなものでしょうか。災害時、水道施設や下水道施設の破綻が起こると、飲料水の不足やトイレが使用できないなど多くの人たちが日々の生活に困ることになります。水の浄化実験を通じて、“きれいな水”について考え、災害時に飲み水を確保する知恵、顕微鏡観察等から水質の検査方法を学びます。

water enviroment class 1

日時:令和元年8月21日(火)9時~11時30分