群馬高専 環境都市工学科 > お知らせ > 4C「総合プロジェクトⅡ」科目で問題解決型学習の成果発表会がおこなわれました

4C「総合プロジェクトⅡ」科目で問題解決型学習の成果発表会がおこなわれました

問題解決型学習(PBL)の成果発表会がおこなわれました。学生は与えられた問題に対して解決のための方策を考えてきました。今回、ファシリテーターおよび教員の前でその成果を発表しました。問題提供から解決プロセスまでのサポートをして頂くため、以下のファシリテーターの皆様(敬称略・順不同)に協力を頂きました。ファシリテーターの皆様、長期間ありがとうございました。(写真22枚)

群馬県安中土木事務所 神戸 幸芳(C科OB)

株式会社特殊高所技術 和田 聖司

関東測量株式会社 小林 雅人

株式会社大手組 大橋 祥子(C科OG)

株式会社川金コアテック 姫野 岳彦、鮫島 康佑、岡田 祐輝

一般社団法人前橋まちなかエージェンシー 橋本 薫

前橋市都市計画課 樋口 優(C科OB)、岡 美紗子

発表会は1コマ目から開始です。学生はいつもより早めに集まっています。

開会挨拶とファシリテーターの紹介がおわりました。これから発表です。緊張してきました。

チームAから発表です。第一声は女子学生です。とても聞き取りやすい声ではじまりました。

全学生、真面目に聴講しています。学生からの質問もありました。

資料を活用しながら回答中!!

チームBです。第一声は女子学生です。堂々と発表しています。

質問内容を一生懸命理解中!!

チームCです。緊張が伝わります。上手く発表分担しています。

一生懸命回答中!!

ファシリテーターから実務経験に基づいた高度な質問もありました。

チームDです。発表当初、後ろのメンバーは少しうつむき加減です。緊張しているようです。

質疑応答時はメンバー一同前を向いて回答しています!!少し安心したようです。

チームEです。とても力の入った発表でした。学習成果に対する自信を感じました。

解決過程で作製した模型橋です。工夫ポイントがよく理解できました。

専門的な質問を一生懸命理解中!!

チームFです。発表後半になると学生達は発表の雰囲気に慣れてきたようです。落ち着いて発表しています。

一生懸命回答中!!

チームGです。最後の発表です。

どのチームも、発表する学生、画面を操作する学生、これをチーム内で上手く回しています。これまでの実験・実習が役立っているようです。

総評です。木村先生から、発表を称える内容、励ましの内容、5年次へ向けての指導、そしてファシリテーターへの感謝等のお話がありました。

発表後のチームAとファシリテータの集合写真です。みんな笑顔です。

発表後のチームGとファシリテータの集合写真です。みんな笑顔です。